「見せろ!はてしなき27の力」

先日、嬉しいお便りが届きました!


富士見町の小学生の箸つくり体験の様子を記した学級通信です。



縁あって、
桧(ひのき)の「箸材」を是非教材に、と保坂先生にお渡ししたのが今年の春。
秋の祖父母参観日にあわせ計画してくださったようです。


今回、生徒さんたちの感想文も一部同封していただきました。


「箸を削る」
桧(ひのき)の材を、
小刀で削る…


一昔であれば、誰でも鉛筆を削るため、
自宅でも学校でも当たり前のように使ったものでしたが、
初体験の子も多かったようです。


その緊張感と驚きと、
上手にできたり、失敗したり、
いろんな感動が沢山書かれていました。


大好きなおじいさん、大好きなおばあさんに見守られ、
子供たちが「刃物」「木工」との素敵な出会いが出来たこと
「木」に携わる者として、とても嬉しく感謝しています。



素敵なおたよりをありがとうございました。
南木曽にも遊びにいらしてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です