お礼

可児久々利「ギャラリー萬葉」さんでの展示も無事終わり、木曽の地へ戻って参りました。
大勢の方にご来場いただき、心から感謝しております。
6月1日からの17日間、まるで夢のような時間でした。
合掌造りの建築、手斧や大鋸の跡の残る太い梁、滝の奥に刻まれた詩、審美眼を持つオーナー様のお話し、とても良くしていただいたスタッフの方々、全てが自分には分不相応でしたが、とても有難い17日間でした。

今回ギャラリー萬葉さんとのご縁を結んでくださったM様、遠方からご来場くださった皆様、わざわざこのために来てくださった皆様、作品をお求めいただいた皆様、本当にありがとうございました。

                   6月吉日  小椋正幸

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です