かずいち兄ぃが逝く

その恰幅の良さ、
ちょっとしゃがれた大きな声、
手振りも大きく、本当に気持ち良く笑われる方。
いつもきちっとした服装で
とってもお洒落でジョークが上手で、
ろくろ祭りの際には、楯板に水のように原稿なく挨拶ができる方。
亡き会長とはちょっと違うな、というのが16年前にお会いしたときからの印象でした。



今月20日にお見舞いに伺った時
二周りも三周りも小さく痩せて、
耳をすませないと聞こえないくらいの小さな声で、
両手を合わせて「ありがとう」って笑顔で言ってくださった一一兄ぃ。
体調が悪いのに、まきちゃんに「なんか持たせてやってくれ」と気を使ってくれた。


5月の会長逝去の際は、いち早くかけつけ一生懸命に手伝ってくださった。
惜しんでくれて、泣いてくれて、心配してくれた。



同じ年に
大事な人が亡くなっていく。


定められた運命とはいえ、
残される者は、つらい。



でも、伝えたいことは、「感謝」の一言。
今まで、本当にありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です