ようこそ 有難うございます

 太陽は雲に時々隠れて肌寒い日で、特に夕方に
なると風邪が出て冬を思わせるような感じでした。

          宿り木
 昨日ご紹介しました小椋榮一の「針杢」の茶托を
造った宿り木のご紹介を致します。
 5年ほど前に長野の八十二銀行のギャラりーにて陶芸、
硯、木工、の三人展を開催したことがあり、その時陶芸の
先生とご一緒に小椋は善光寺様を参拝している時、大きな
宿り木に出合ったようです。その時の写真を画像にてご紹介
してみました。
 画像では少し解りにくいかと思いますが、大きな欅の樹から
他の樹が生えている様子です、
 「小椋榮一の作品展示場」には、珍しい材料で制作した作品はまだ並んでおりますので、追い追いご紹介させて頂きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です