ようこそ有難う御座います

 一日中うす曇で有りましたが暑からず、
寒からずの、とっても良い時季かなーなんて
思いながら外の駐車所で古木に苔をつけ「和」の
庭のしつらえを楽しむ一時でした。
 本日は、昨日ご紹介しました釈迦座の
エピソードをお話しさせて頂きます。
 3年ほど前の事、東京では老舗の
「野田岩うなぎや様」が態々木曽までお越し
頂き、釈迦座を沢山お求め下さいましたました。
それからうなぎやさんで見たからと、時々
お電話頂き無言の宣伝をして頂いていました。
 私も東京へ出る事があり「一度野田岩様に寄って
見たいなー」なんて思いながら、しかし時間も
無いし無理かなー?と思いつつ出掛けました。
そしたらなんと”会議が始まる前の昼食会はその
野田岩様のうなぎやさんだったのです。
思いもかけない、当社で造った「釈迦座」と”再会”と
言う場面があり感動、感激の一こまでした。
 野田岩うなぎや様では 昼時期の事もあり
満室で外人さんの体格の良い方は高い釈迦座に、
日本人の方は並みの釈迦座に又、胡坐に正座にと
使い分けて楽しんで頂いてる様子を拝見する
事も出来「念ずれば花開く」の言葉道理、念ずる事の
大切さを感じた。そんな事が有りました。
  (画像は花台に使用している 釈迦座 です)
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です