イタドリ

工房やまとでお茶を飲まれたことがある方はよぉーーくご存知かと思いますが(笑)
これが、あのイタドリです。

場所によっては、「スカンポ」とか「ズッコンポ」と呼ばれているようですね。
大体平地では、細くてひょろっとしてるのであまり食べられないようですが、
このあたりでは、この太さは当たり前。
しかも、中には、成長すると2メートル近くにもなってまるで「木」のようです。(^^;)



この時期、沢山採ってきて
さっと熱湯につけ皮をむきます。
それから湯がいて、1昼夜水に打たせます。
灰汁がぬけたところで、塩漬けにして保存。
来年のこの時期まで、しっかり持たせます。


無味無臭で、しゃきしゃきとした歯ごたえが身上。
酢の物にすると、とっても美味しいです。


聞くところによると
これは木地師独特の保存食だったようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です