小椋榮一作 抹茶椀

黒柿の抹茶椀。







先代 小椋榮一の作品です。



轆轤(ろくろ)で挽いたものは、
真円のものしか出来ません。


が、


あえて、生木の時に挽くことにより
木が自然に乾ききった時、
このようにいびつな楕円に仕上がります。



黒柿の黒と
この曲線が、
とても動きのあるものになります。




茶席で映える美しさと、

手にとったとき
ほんのりと感じる人肌のぬくもりと、

木肌の優しさと―。



とてもとても大好きな抹茶椀です。





この度、
お陰様に、お嫁入りが決まりました。
我が家では最後の姿となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です