帰郷

先代の50代の頃の作品が、
何十年ぶりかに里帰りしてくれました。




ホヤ杢の銘々皿と欅の盆。





じっと手にとっていると



その形の隅々にまで
先代の想いが残っているようで…




あの時のように
愛おしい眼差しで
ゆっくりと
その掌(てのひら)で、
その指先で
木と会話をしているように
撫でているような気がしてきて…




ずっとずっと触れていたい、
そんな気持ちにさせられました。








その夜、


懐かしくて
会いたくて




久しぶりに深酔いしました。



貴重な再会をさせてくださった孝さん、福間さん。

本当に、
本当にありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です