感謝を込めて・・

社長が、やはり一目ぼれして連れてきた「うろ」のある大木。


「もしかしたら、熊の出入り口だったかもしれんがなぁ、このうろがいい感じだろ~?」
と、少年のように少し紅潮した顔で話してくれました。


「人間もキズができると治そうとするら?
 木も同じでな、キズを治そう治そうとしながら、こぉうやって巻き込んでいったんだよな。」


・・・社長、これは何にするんですか?


「これか? このうろの中に木の神様をまつろうと思ってなぁ。
 今まで、木で食わせてもらってきたからなぁ。
 感謝を込めて、祭らせてもらおうと思ってな。」





もうしばらくしたら、工房やまとの敷地のどこかで
静かに見守ってくれることと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です