村上富朗の「木の椅子たち」展

現代日本を代表する木工作家・村上富朗は27歳のときフィラデルフィアのカーペンターズホールでアメリカンウィンザーチェアの名品と出会い、大きな衝撃と感銘を受けました。

一人の職人が長い年月を捧げ、愛情を込めてひたすら追求してきた「木の椅子」の魅力とはなんだったのでしょう?

椅子好き、家具好き、職人仕事好きの友人知人をお誘い合わせの上、ぜひとも、お出掛け下さいますよう。


◆会期   2011/7/17(日)  14:00~19:00
         7/18(月祝)   12:00~18:00 の二日間

◆会場  ライトボックススタジオ青山2F
       東京都港区青山5-16-7



社長の友人の村上富朗さんの椅子展です。
お近くの方はぜひご高覧いただきますよう、ご案内させていただきます。 
         

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です