栓の木 2

来店されるお客様に、
「この木は硬いの?」と聞かれることがよくあります。

木の硬さ。
それは、‘キズがつきやすいかつきにくいのか’ということを
意味すると思いますが、
本来、木は柔らかいものかと思います。

鋭利なもの・・例えば、鉛筆とかボールペンの先・・をあてるとテキメンに跡を残してしまいます。
硬いといわれている欅にしても、しかり。

でも、そのキズの深さにはちょっと違いがあります。
成長が早い桧を代表に、桐とかはほんのちょっとひっかいても
「ええっ!!」と思うほど残ってしまったりしますよね。

この栓の木は、それほどやわらかくはありません。
そして、栃に多くみられる杢(光の帯)も、入ることがあります。
欅よりもやさしい年輪に、その杢の輝きが加わると・・・
それはそれは、美しいのです。

って、なかなか言葉では伝わりませんね。
早く画像アップ、ですね・・。(^^;)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です