災害ボランティアのプロ

ネットで検索すると
「その道のプロ」という方は沢山いらっしゃいますが、
「災害ボランティアのプロ」ともいうべき方も多くいらっしゃるのですね。

今回、その力の凄さを初めて知りました。



ボランティアセンターの発足を聞き、すぐに参加した店主ですが、
断水の続く地区へお水を配る仕事を任されたそうです。
その受付・説明の場で出会った方々の中に、
初日なのに、やはりとても詳しい方がいらっしゃったと言っていました。

知識も豊富で、
情報発信も迅速で…。


お店を空けるわけにはいかず
心配するだけの毎日なのですが、、
そういう方々のブログ等で現状を知ることが多いです。


泥が無くなっても、家の中や家具などの細かい掃除が必要であること。
それは、洗っても洗っても
拭いても拭いても、
綺麗にならない気の遠くなるような作業なこと。

現場のみなさんも、元気そうに見えていても、
ボランティアさんたちがいなくなった時に、
どっと落ち込んでしまうだろうこと。

これから節目節目に、
細々としたお手伝いが必要であること。

そして何より、被災された方、ひとりひとりのペースに寄り添うことが大切だとおっしゃっていました。


日本に住む一人として
大きな災害を沢山見てきたはずなのに、
こういう大切な部分を、理解できていなかったと思いました。

この週末は3連休です。
ボランティアセンターではまだどのような活動をするのか発表になっていませんが、
できることを協力できたらと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です