「梅心」 @為三郎記念館

行って参りました!


お話をいただいてから、
指折り数えて待っていた「梅心」展。
名古屋市千種 為三郎記念館築80年特別企画 花人 河村敦子先生の花展です。




大胆で繊細で…

その作品は、老若男女問わず
様々な方を惹きつけてやみません。

14:00からのトークショーも、
物凄い人!、人!!、人!!!
大広間から溢れた沢山の方たちが背伸びをし、
耳を澄ませて聞き入っていました。
木造の記念館が耐えられるのか、
本気で心配したほどです!


大桐の間の作品は圧巻。
お庭の滝まで取り入れた生きた絵画です。
若冲の絵を模した活け花など、余すところなく「梅」を堪能できる間となっています。


記念館には迷路のように小間があり、
そのひとつひとつが、正しく、息を飲む空間の連続でした。


その中で私が一番感動したのは、葵の間の「静」と太郎庵の「動」。
それから、シクラメンの原種がとっても可愛らしかったお花。


ご興味のある方いらっしゃいましたら、是非!


◆会 期 : 2月1日から2月9日まで(月曜日休館)
       10:00~17:00

◆会 場 : 為三郎記念館
         名古屋市千種区池下2丁目50番地
            052-763-1991



そしてそして!
河村先生。

想像してた以上に、本当に本当に素敵な方でした♪
とっても優しい笑顔に、凛とした雰囲気があって。
作品の活け花のように、どこまでも自然体で…。
お話も、言葉の上にのっかってくる気持ちがすとんと入ってくる内容でした。
お会いできて嬉しかった!

ちょっと緊張してしまい、あまり話せませんでしたが、
シガ子さんが作ってくれたイタドリのおこわをとっても喜んでくださって。嬉しかったです♪

N様、本当にありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です