あじろ

よく来てくださるお客様に休んでいただく座敷の天井がリニューアルしました♪

本物の「あじろ」の天井です。


木を手で薄く割ってつくる「さわら」と「黒部杉」の「へぎ板」を斜めに組んであります。

「つき板」という機械を使用しての材は、全国的にもそうめずらしくないようですが、
今回は、日本でもただ1人の技術者 上松町の小林さんとのご縁で実現しました。


その技術の難しさに加え、綺麗に割れる材が少なくなってきているという中、
とっても貴重で素敵な天井に生まれ変わりました。


年月とともに美しく黒ずんでいく様。
30年後には、人工では出せない光りを放っていることでしょう。

是非、楽しみにお越しくださいね。

(ちなみに、廊下の部分は「市松」になっております。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です